見やすさも重要!

色使いや色の選定について

ホームページをデザインする上で、オシャレなものを目指したり、凝ってしまうと陥りがちなのが、色の多様です。沢山の色を使うとカラフルで賑やかな感じを演出出来ますから、多くの色を使うというのは強ち間違いというわけではありません。けれど、絵や画像を見るのではなく、文字が主体となる場合には、あまりに多くの色が混在してしまうと、チカチカして読みにくくなってしまいます。また、強調したい部分が分からなくなってしまうというデメリットもあるので注意が必要です。色を使う場所、そして役割を考えて、色の選定が適当かどうかの判断をすること、全体のバランスを考えた色使いを配慮することが大切になります。尚、印刷物の様に平面で捉えると問題が無くとも、端末のスクリーン上で見ると、目に負荷がかかったり、見にくい色もあります。背景や周りの色とのバランスによっても見え方が変わってくるので、十分注意して選ぶことがポイントです。

ナビゲーションの役割と重要性

ホームページの見やすさの決め手と言えば、ナビゲーションです。どのページを開いていても、ホームページ上で最初に表示されるトップページに戻るためのホームボタンは最低限必要ですし、長いコンテンツをスクロールした際に、ページのトップに戻るためのボタンが表示されるのも便利です。また、ナビゲーションバーの様に、どのページを開いても、特定の位置に同じものが表示されるとそれだけで統一感を出すことが出来ますし、閲覧者が迷子になるのを防げます。コンテンツが多く、色々な情報がある場合には、大まかなカテゴリを作り、分かり易い名前を付けたメニューボタンを表示させることも、お勧めです。ナビゲーションは、ホームページ上の情報を整理し、閲覧者のガイドとしても機能するので、しっかりと作り込むことが大切になります。

ホームページ制作の実績は、業者選びの際に大変重要な目安となり、実績豊富な業者ほど幅広い要望に対して柔軟な対応が可能です。