テンプレートを選ぶだけで本格的なページに

ホームページ作成はどんどん簡単になってきている

CMS(コンテンツ・マネージメント・システム)というものは、2000年代前半までは個人が簡単に利用できるものでなかったようなところがあります。そして、個人が開設したホームページの中には、1つ1つのページを完全に手打ちで作ってFTPソフトで転送して作り上げられたようなものがたくさん存在していました。ただし、それではデザイン性に限界があるほか、ページ数が増えるほど一括での変更が出来ないため、レイアウト・デザインの変更が極めて大変であったようなところがあります。しかし、2000年代半ばから個人でも簡単に使える無料・有料のCMSが次々に誕生していきました。そして、昔は月額利用料が1万円くらいかかっていたCMSも1000円程度で利用できるものが増えています。

一番操作しやすいのはクラウド型CMS

2000年代半ばから次々に無料・有料でできるようになったCMSは大きく分けて、2つのタイプがあります。一つ目はレンタルサーバをまず借りて簡単インストール機能などを使ってサーバにインストールして使うもので、こういったものは基本的に無料で使えます。ただし、操作がやや大変で不具合が起きた場合に技術力が低いと復旧できない可能性があるため、技術力に自信がない人がページ数の多いホームページを作る際は向きません。逆にブログ同様に管理画面にログインしてブラウザを通じて更新を行うクラウド型CMSはインストール作業が要らずに圧倒的に操作が容易です。そして、ブログ同様にワンタッチでテンプレートを一括変更できるほかテンプレートのデザインレベルも高いため、技術力に自信のない人が利用するCMSとしておすすめです。